スポンサーサイト

--/--/--

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[↑]

・永久死の観覧車にて

2011/08/04

「あのさーデスコー」
「なんデス、おねえさま?」
「アタシ思ったんだけど、ココってぶっちゃけ遊園地じゃない」
「そうデスね」
「アタシらがヴァルっちからアルティナちゃんのカコバナ聞いて、泥棒やってたアルティナちゃんのピンチを救ったのもここじゃない」
「そうデスね。あのときのヴァルっちさんはあのときからしたらとんでもなく強かったデスけど、今思うとあれってラブの力だったんデスかね?」
「じゃないの?
そのあとすぐ逃げられちゃったけど」
「煙幕は仕方ないデスよ~。
それで、その話がどうかしたデスか?」
「あーうん。つまりそれってさ、……ヴァルっちにしてみたら」
「?」
「ひらたく、ひらたーく言えばよ。
……遊園地で好きな女の子とうっかり会っちゃって、追いかけっこってことになんない?」
「…………。
そ、それはつまり『アハハウフフ、捕まえてごらんなさぁ~い』ってことデスか!?」
「そう! てゆーか、もうそこまでいったらこれ、デートよね?」
「そうなりますそうなりますデス!
デートデス、間違いなくデートデス!!」
「いやー、あのふたりいつそう言うのするんだろうと思ったけど、もうやってたのね~。
このアタシの目をもってしても、全く気付かなかったわ……」
「最後にヴァルっちさんがアルティナさんにぎゅっとされて終わりデスし、もう完全にデートデスね!」
「よねー!」
(……こいつらあのときの自分たちの存在忘れてないか)
関連記事
スポンサーサイト
[↑]
Copyright (c) 掃き溜め All Rights Reserved.

FC2Ad

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。