スポンサーサイト

--/--/--

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[↑]

フェンリっち考

2011/07/18

 4の中で一番変わってないのはフェさんですよね。キャラ公開時から「裏切る? ねえこれ絶対裏切るキャラだよね?」って予感させておいて結果は「残念! 一貫して閣下ラヴでした!」なのは別にいいんだけど(余談ですがフェさんが閣下とアルティナちゃんのラヴは細々否定するのに、自分の閣下へのラヴを言及されたときはスルーつか否定していないと気付いたときは笑いました。悪魔なんだから愛は全般的に否定しろよ自分に甘い奴だなこの人狼!)、じゃあ彼はこのストーリーの中でどんな変化を経たのかって問題に関しては曖昧になってしまうと言うか。「閣下以外屑だしー信じないしー」からエミちん励ましたりさりげなくデレポイントは見せてくれるけど、再会を果たしたふたりや姉妹ができたGGC(Golden Gorgeous Combi)、甘えたへたれから成長するエミちんに比べてたら些細なもんだし。つか「裏切ると見せかけて裏切らなかったキャラ」としてキャラを立ててしまっているせいで変化させられなかった、と言うべきなのかな。
 3の執事やエトナさんとちょっと被っちゃいますが、個人的には敵対してから改めて仲間になるくらいのほうが展開としては好みです。ヤンデレホモが好きとかそんなんじゃなしに、明確な進歩や変化があってくれたほうが物語が始まる前後でメリハリが生まれるし、きちんと閣下との『友情』が描けたんじゃないかなーと言うか。特にフェさんは閣下に対して基本イエスマン姿勢だから、はっきりとした拒絶や否定や本音をぶちまけて積年の鬱憤を晴らしてほしかった。まあイエスマンじゃない部分ってなるとアルティナちゃんに関わる問題くらいだけども……そこについてもこの人ストーリー中の姿勢一貫してるし。つかフェさんの変化形態は「有無」じゃなしに「軟化」や「深浅」か。わかりづれなーもー。
 月の事件はそれぞれ、主従がお互い本気になって月の危機に取り組んで、それぞれの態度にお互い本気なんだなって実感して信頼関係を再確認する流れだから、どうにも地味な印象が拭えないんですよね。あとやっぱりフェさんの閣下のヒロイン願望的なものが透けて見えて友情かー? ほんとに友情なのかー? って気分になる……。つか自分の中で構築した通りに主従をカップリングとして考えたら、体格的に攻めだけど願望として受けのフェさんと、精神的には攻めだけどそも攻める気を持たない閣下ってなって、……複雑すぎて私にはお手上げだ。
 あと暴君編シナリオ次第になるんでしょうが、冷静に考えてみても自分の命助けてもらったくらいで「この方こそ世界を支配するに相応しい英雄だー!」って思ってその野望を今の今まで引きずるって、フェさん閣下と同レベルかそれ以上のロマンチストですよね……。つか中身の恥ずかしさ具合では一番フーカすんの妄言笑えないじゃないかなー。なのにフーカすんに厳しいのは無意識下の同属嫌悪なのかい。…………うん、それで合ってる気がしてきた。
関連記事
スポンサーサイト
[↑]
Copyright (c) 掃き溜め All Rights Reserved.

FC2Ad

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。