スポンサーサイト

--/--/--

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[↑]

・if版初対面

2011/07/07

The Brides of Vampireネタバレ
「貴様か。閣下に自分の血以外吸うななどと約束した人間は」
「……はい? ああ、あなたがあの方のお付きの狼男さんですか。
どうもはじめまして。ヴァルバトーゼさんからよくお話は伺っておりますわ」
「フン。オレをおだてようとしても無駄だぞ、女。
オレの用件はただ一つ、貴様に閣下との約束を取り消すよう命じる以外にないのだからな」
「そうは言われましても、以前からわたくし以外の血を吸って頂いても構いませんとあの方には常々申し上げています。
けれどあの方は約束を守ると頑ななものですから、どうしたものかと手を焼いているのはわたくしのほうですのよ」
「……何?」
「よろしければ、あなたからもそう説得してくださいな。
わたくしが約束で慢性的に貧血気味になって困っているようだと第三者が指摘すれば……あの方も、もしかしたら、ほかの人の血を吸ってくれるかもしれませんし」
「………………。おい女」
「アルティナと申します」
「名前など構わん。いいか、女」
「はあ」
「自惚れるなよ」
「はい?」
「閣下に自分の体調を気遣ってもらおうなどと無礼千万、千年早い!
貴様の体調なんぞ閣下の魔力に比べれば塵ほどの価値もない! 閣下がご所望とあらば何を犠牲にしようとそれに応じるのが貴様ら人間どもの役目!
いいか、その点をよく弁えていろ!!」
「……はあ」

(……けどあれはつまり、わたくしが貧血になってもあのひとに血を吸わせるべきだってことではないのかしら?)

「どうした、フェンリッヒ。人間界に戻ってきてから長らくその調子だが」
「………い、いえ、閣下がお気になさるようなことは何も……」←同じことに気付いて絶賛後悔中
関連記事
スポンサーサイト
[↑]
Copyright (c) 掃き溜め All Rights Reserved.

FC2Ad

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。