スポンサーサイト

--/--/--

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[↑]

魔女コンコン

2017/03/26

 ブログではお久しぶりです。
 5以降ルフラン感想まとめさえもなくだらだらとツイッターに篭ってましたが魔女コン感想書いてたら盛り上がりに盛り上がってあかんこれ一曲でさえ140字無理や添削も無理や! てなってこっちに転写です。
 つっても遅刻しましたけどね! あと重要なこと書いてる訳でもないけど!

ついしん。
 カメラ回ってたからでしょうけどツイッターで「BD化希望」「音源化希望」の声見ましたが、あれ多分てんぺーさん個人用か日本一社内用なんでまずフツーに商業ラインには乗せないと思われます。社長たちも「この場でしか聴けないの勿体無い~」って言ってたのはそう言うことかと。


Chelka
ウィッチカクテル
 すまない……聞けてなくてすまない……。
 あとでてんぺーさんにお話伺ったときウィッチカクテルのアコーディオン聴けてないなんて勿体なーい! て言われてますます落ち込んだ……。

Moon Wars
 ここの途中から入りました。
 途中からでもめっちゃ迫力あって二重の意味ではらはら。このときばかりは渡○世間は鬼ばかりのメインイントロ(この曲聴くとなんか思い出すよねって以前話題になった)と混同しなかったよ!
 あと感想ツイッターで漁ってたら最初のほうで前の席なのに遅刻してきて屈まない奴ファッキンみたいな呟きあって私かもって反省。

Regret
 作中の泣き所で流れてただけにひたすら美しく透明感のあるヴァイオリンが胸を打つ。メインの楽器構成はゲームと同じなはずなのにリアルタイムで聴くと感慨が倍増するのはやっぱり生の力なのかなあとしみじみ思わされました。

Draw Near
 司会のおねえさんが「ドローニア」と言った瞬間に「ああ…!」てようやく気付く我が身の鈍さよ……。
 華やかで秘めやかでどことなく毒のほろ苦さを含んだような、赤い艶を持つ黒薔薇のような、激しいのに思わず身を任せてしまう音色の官能性ときたら。原曲でも思ったけどアコーディオンの人形劇感は異常。

Green Blood
 強敵曲ですね。原曲もだけどぶわっと最初に迫力ある華やかさで繰り広げて、落ち着いてきたかと思ったら人形兵たちの戦いの足取りを彷彿とさせるほど軽やかなのが心地よい。この曲だけではないけどヴァイオリン組が弦弾くの多かったですね。あとゴシコペ1ちゃんの素朴な声音も自動的に思い出す。
 つーかコーラスなくても遜色ないってやっぱ生演奏ってすげえ。

A the ha lluri da
 ハイ私の旅費半分くらいこれのためー!!
 いやほんと美しかった……。ボーカルないのに、いやないからこそなのかあの1st2stヴァイオリンの透明感と包容力。サビのパートで何度涙腺が緩んだか。母性さえ感じたと言ってもあの場にいた人たちには理解してもらえるはず。
 休憩後、前の席の兄ちゃんたちが「あれルフランなんだよね?」「あんなの聴かされたら(やるしかないよ)なあ……」みたいな感想漏らしてるの聞いて販促になってるー!? てなった。その狙いも勿論あるんだろうけど嫌みなくその通りになるって生音の力ってすげー。

殿下の賛美歌
 前のMCタイムでてんぺーさんが手拍子とかしてね! って言ってたのは主にこれのことなんだろうなと思わなくもなかったがやってない(皆して白状)。
 ハラール様のほうが記憶に残ってるけどやっぱこっちも正統派に豪華だわ……うん殿下だから華麗とは言うまいて。

リーゼララバイ
 名曲無罪って言うけど5はアレ認定な私にとって微妙になりそうって思ったのにガチの名曲になってるー!?(って後にてんぺーさんに伝えたら爆笑された)
 アコギ美しかった……てかなんかこの曲聴いたらゲームも名作に思えてきた…って揺さぶられるくらいには心を打ってああ捏造5早く書かなきゃ……!って思いが一段と強く。お見せできるのいつになるかわかんないけど!

Sparking
 めっちゃ格好いいんですよ。原曲も格好良かったけど生だとマジそれ以上なんすよ。アレンジャー兼ギターさんも凄いんですよ。けど私の脳内では閣下がイワシイワシ五月蠅いんですよ。
 ほんっと次回予告になんでこれ使った!? あとなんで次回予告覚えるくらい見た私!? お陰で演奏そのものにあんま集中できなかったのがちょっと申し訳ない……。

カナリア航海
 いやールフランでさえ3曲なのに4の曲が2曲もあってすみませんなー皆さん! 人気でしてなー! て脳内でニヤニヤしちゃってすまない……。
 感無量でした……。雄大で穏やかで、勇ましくも温かな旋律にやっぱりメインのふたりのための曲なんだなあって。脳内でふたりが星空のもと密かに微笑みあってって妄想の糧にしてんじゃねえよごめんなさい。

百輪の薔薇
 ああ……嗚呼……! 豪奢にして奔放、エネルギッシュにして優雅。まさに大輪の薔薇、万と咲き誇るが如く。
 百どころじゃないよねー……って桁違いの感激が。あの場にいた無印ファンはご理解頂けるはず。そのくらいには本当にもう……リカちゃん!!
 同列の兄ちゃんが思わず手拍子始めたけどテンポ違いに気付いて以降止めたのが口惜しい。

Romantica
セイグッバイ
 ごめん2の曲馴染みない!(笑顔で)
 あ、ロマンティカはPVで聞き覚えあったなって。名曲無罪だけどぶっちゃけ休憩モードでした。

アンコール マギアージュ
 はい旅費のもう半分来たよ! 後悔~はしない~って歌詞通りしないよ!(アデハです)
 オケ全員集合で最後にやるのがこれってのがほんと堪らない。各パートのバトンタッチで奏でられるテクニカル且つ弾むような主旋律が美しくて楽しくて、なのに何故だか泣きそうになって、ああもうこの場で時が止まってしまえばいいのにって何度思ったか。
 名残惜しくも終わっちゃった以降は拍手を止めないのはこれが唯一感動を奏者さんたちに伝える手段だからだってくらいには根性出した。

終幕後
 会場から出るとき社長に遅刻の原因の一つである泉D用差し入れのアブサンをお渡し。緑の蝶のラベルがシックで綺麗だったのでもともと買う予定だったものからこちらに変更。お値段は公式通販の2ぬいぐるみセット以下だ! お酒ってお安い!
 ライブではお馴染みてんぺーさんの出待ち中、こっそりポスター貰いたいマン(&ウーマン)たちの暗躍をウフフと見守りながらファンの方々とちょっとお話。黒スーツで決めてた司会のおねえさんがお帰りの際はひらひらの白一色で目の保養でした。

総合感想。
 リアルタイムでは良かったとしか言いようがなかったし実際アレンジも演奏も良かったしそも我々のようなド素人が何の文句を付けましょうやって具合ではあったんですが、MCではディスガイア一色だったんでそれがどうかなって。
 仕事の都合でディレクターとバカが両名とも欠席ならそれはそれとして社長権限でパンフ外のコメント預かってきましたよーとかやってもいいじゃんって……。前説でやったのかしらんと思ったがやってなさそうだしな。
 とりあえず二回目希望。次こそはディスガイアか魔女シリーズどっちかに絞った上で。のほうが今回、魔女色を期待してた方々の不満は減るはずだし。
 二時間以上はさすがに奏者さんたちに負担かかるからハコと規模を大きくしたのを! 大阪とか名古屋でいいから! 岐阜とか言うなよ地元民でさえ無理だって豪語したの聞いたんだから!!
関連記事
スポンサーサイト
[↑]
Copyright (c) 掃き溜め All Rights Reserved.

FC2Ad

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。