スポンサーサイト

--/--/--

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[↑]

来ましたね

2014/01/30

 夫婦編! ……じゃなかった4R!
 ぶっちゃけフーデス編と同じく二日前からフラゲってましたが日本一コマンドが何度やっても上手く入らなくて黙々とレベル上げに勤しんでいたところで発売日当日。ヒの日本一コマンド効くじゃんとのお言葉にエッ!? ってなって試したらまじであっさり通って今までの苦労はなんだったの感ばりばりです……。
 まあ何はともあれ早速クリアしたんで感想行きますよーネタバレ全開ですよーあと電撃表紙福眼すぎゆ……。
一話感想
・ナレーター閣下の中の人で初っぱなから吹いた。まあ今回のためだけにアホの中の人呼ぶ訳にはいかんからね……エミちん編もあればなあ……。
・フーカすんの声別人過ぎて退く。過去のかわいげのない棒演技を打ち消したいからってキャラから乖離したキャピ声出すのやめようよ!
・打って変わってデスコの安定っぷり。まあ多少おばん臭くなっ変わったけどフーカすんに比べればなんてことない。
・ところで姉妹の会話の前に夫婦のじれじれっぷり見せてくれても構わないと思うんですがね。初っ端から描写不足って嫌な予感すんぞ。
・フェンフェンは閣下の御不浄にまでついていこうとすんのデフォルトなのか、それとも天使ちゃんが来たから焦って過剰にガードしようとしてるのかどっちだ。
・……そして今回判明した閣下からの給料=イワシ。姉妹はいつもこれ売って小金稼いでるの……切ない……。
・刻渡時計ちゃんさえ売ろうとすんな! 中の人いないのが予算の都合上わかりきってるのつらいけど!
・魔法陣、明確に今までのとは違うなー……。そしてナギちゃんさん思ったより謎めいてないというか心の声が多い?
・声が頭の中に直接届くってことは召喚の契約はきちんと為されているんだろうけど、これを使って遠隔的に動くこともあるんかしら。
・相変わらずゆとり全開で空気なんぞ読むまいと己を貫く姉妹嫌いじゃないよ。
・ラボに住人いるの!? って楽しみにしてたのにプレネールさん以外機械かよくそぁ! しかも議会しか開けないし! ナギちゃんさんの境遇上仕方ないのかもしんないけどさあ!
・なんかナギちゃんさんと姉妹の大きさが揃ってない気がするんですけど……と思ったらちびっ子扱いされてた。
・フーカすん15歳になってる……つことはフーデス編は発生するとしたらそれより前? それともフーデス編は享年14で考えてる? どっちみち地獄暮らしも一年越えたってことか……。
・上のはナギちゃんさんが14だから多少は成長したことを見せるつもりなのかなと思ったり思わなかったり。
・機巧術は装置と年月とまたそれを操る知識あってこそって感じなのかしらー。
・ふむふむ南のレキドナ北のグスタークね。
・レキドナ思ったより砂漠で吹く。そんなら流れ的にグスタークは雪山だろ? 国境隔てた程度で環境変わりすぎじゃないっすかね……。
・まあ砂漠の国と雪国の国じゃ穏やかな気候と土地に憧れるだろうからあの辺は戦地になりやすいんかもしれんがね。
・話が前後したけどナギちゃんさんある意味全うに二人をこき使ってて笑える。
・それに耐えるフーカすん見て死にネタ以外だとまだまともだよなーと思ったり思わなかったり。
・直後すぐに「働いてやったぞとっとと帰せやオラッ」って言い出してああ中身そんな成長してねーと思い直す。
・しかし聞けば聞くほど戦争をなくす方法が稚拙だなナギちゃんさん。技術は凄いのに周りに諭してくれる人がいなかったせいで暴走引き起こしちゃう、笑えない系の残念な子か。
・うだうだやってたら暴君きたわあああああ!!!
・出会いこっちが先かよ! シスターちゃんのが先だと思ってたよ!
・あ、その前に暴君の「たまの一人人間界もいいよね。フェンリッヒ小言多いわー」な愚痴にばくしょうしましたゴメンネフェンフェン!
・血を吸う相手も選り好みしてるっぽいのね。けど値しないって発言から男も一応吸うことは吸うのか?
・姉妹が暴君の姿にどう反応すんのかわくわくしてたのにガンスルーで閣下認定かよ! お前らとか見た目とか色々変わってるのわかんないのかよ!
・……けど超絶大雑把で頭も残念な姉妹だったらまあしゃーなし。しゃーなし?
・よりにもよって暴君にイワシ差し出してドキドキしてたらキレて即黒焦げにして吹く。プレイヤー目線でもうざいんだもん初対面で慣れ慣れしいあだ名で呼びかけられてイワシ押しつけられるとか暴君的にはもっとうざいよね……。
・デスコのほうが魔力に対する造詣が深いのは人工とは言えさすが悪魔、ラスボスの卵ってところなのかしらー。
・とにかく危機感持って逃げるだけの判断はできて良かった……のかなあ。
・次回予告きた! 良かった!
・しかも今閣下! の割に内容が初っぱなから過激だ!
・「産めるか、貴様に!?」はこっちとしても完全に庇えないよセクハラだよ!!
・ここで天使ちゃんが「まあ女の役目は基本的に産めよ増やせよですものねえ」ってやたら穏やかな口調で言ったらどうする気だよ閣下!! 凍るだろあんた!?
・予告ナギちゃんさんの振り回されっぷり嫌いじゃない。


二話感想
・とりあえず昔と認識した二人。そっか暴君だけじゃまだどの時代かは未確定だったな……。
・機巧術が吸血鬼狩りのためってなんか不審なフラグ……にしても昔っから人間の敵になってるって辺り暴君はほんとまめな男よのう……。
・人間の若い女の子が最初の犠牲者だから処女好物説が定着しちゃったのね。
・そしてシスターちゃん登場!! 四百年前確定! はあほんとシスターちゃんかわいいいいい……!
・けどぶっちゃけ助けられませんでした。あのMAP嫌らしいよこっちに助けさせる気ないよ! ほんとごめん……。
・シスターちゃんの立ち絵ドット両方のころころ変わる表情が可愛すぎて変な声出る。出た。特にお祈りと治療のひざまずく姿が殺人的。
・話す内容も高潔で慈愛に溢れておる……この登場人物女ばっかりの中で末恐ろしいほどの天使ヒロインっぷりやで……。
・しかもキタエリも天使ちゃん時代より可憐な声出しおって……! やっぱそう考えると天使ちゃんは色んな意味で逞しくなったんだなって……。
・得意武器なしに素でおののく。……つまり継承で覚えさせるしかない上級者向けなんです? 俺色に染めろってことなんです?
・護衛術やっぱ嗜んでるんだ……そしてこの時代はアルテミス様ちらっと出ただけなのに天使になったらスタンドよろしくフル登場ってことはあの子アルテミス様の庇護下にあったの。
・つーことはアルテミス様のお導きで暴君に出逢ったの? それともアルテミス様のお導きで処女奪われる前に亡くなったの?
・根拠はないのに後者の予感が強いのはどうしてなのアルテミス様……。
・閑話休題。興奮し過ぎると明後日の方向に話が弾みますね。
・それもこれもシスターちゃんが可愛すぎるのがいけない……はあほんにかわいい……中身も天使とか美人薄命を裏付けるかのようなKANPEKIじゃないか……しかも得意武器なくて技修得できないのに魔ビが優秀とか戦場に出さない訳にはいかないじゃないか……。
・額の絆創膏いじりを公式がやるな。三つ目とか紋章とかビームとか。
・シスターちゃんが使命感に捕らわれてる理由は実に真っ当でナギちゃんさんの幼さが際立っちゃう。
・姉妹的には会ったばかりのナギちゃんさんよりも付き合いの長い天使ちゃんよろしくシスターちゃんのが親しめるからだろうけど、さくっと仲間になってついでに保護対象にもなってて吹いた。
・まだ傷塞がってないのにあんな言動取られてお説教したいけど笑顔で見送るシスターちゃんが眩しい。
・たぶんグスターク兵さんあの歩みは怪我もあるけどめっちゃ罪悪感抱いてるよね……。
・思ったよりお手軽に使われちゃった機巧術による召喚。これに本編ラスボスが噛んでると見るべきなのかしら。
・そーいやナギちゃんさんは元々は両陣営のどっち側の人間だったんだろう。
・姉妹がナギちゃんさんのいうこと聞かない一番シンプルな答えは「カリスマがないから」になると思うん。幼稚な復讐心に付き合わされればそりゃああなる。
・乱闘モードまじうっぜえなあと乗り越えたら暴君きたこれ。
・しかし微妙に間抜けだな暴君! 閣下の片鱗見せてきたな!
・ふたりのファーストインプレッションも間抜けで実に私好み。特にシスターちゃんがマイペースで暴君がなんだこの女ってのが理想だったのでこれはグジョブと言わざる終えない姉妹の介入はともあれ。
・暴君ガン無視されてるの見るに、シスターちゃんのが自分の使命に勤勉と受け止めるべきかしらこれ。
・イワシを差し出してきたから今度は姉妹がイワシ娘呼ばわりされる点は笑っていいですか。
・シスターちゃんの小首を傾げる仕草が超たまらんくてですね……私シスターちゃんの可愛さで死んだ生き返った。
・きっと暴君もあれに撃たれたと思うんですよ。
・フーカすんに抱え上げられてスカートめくれちゃうって赤面するシスターちゃんの可愛さで(略)
・次回予告絵ありがとうございます!!
・イワシ被りもの流行ってんのねえそれ流行ってんの。
・予告タイムは閣下の中の人が生き生きと演技してて笑える。前の次回予告も超覚えてるし楽しかったんだろうなわかるよ!
・今までフェンフェンのスクショはあんまりなかったけどイワシ・イズ・ビューティフルの一枚絵は撮らざるえなかった。閣下のためにヨゴレ芸に付き合うお前……嫌いじゃないぜ……。

三話
・姉妹の相談に首もげる勢いで同意しちゃう。シスターちゃんは過保護に守りたいけど同時に彼女の自由にもさせたくありけど彼女は自ら危険を突き進んじゃうっていうね……。
・シスターちゃん使命感強くて自然体で気高くて、なのに現実をナギちゃんさんよりきちんと見てる器の大きさが凄いなあって。
・ナギちゃんさんもシスターちゃんも戦争嫌いの理想家だけど痛めつける派のナギちゃんさんと、兵士を癒すことを第一とするシスターちゃんとで真っ向から対立してるのは予想できたけどたのちい。
・ナギちゃんさんの擦り切れっぷりにニヤニヤ。戦争孤児だもん所詮そうなるよねー。
・ナギちゃんさんがシスターちゃんにつんけんしちゃうのは図星刺された+方法が間違ってるって今更言われた+お姉さんに似てるからの三点でした。そりゃそうなる。
・ナギちゃんさんに見せるシスターちゃんの包容力まじ天使級。本編でこんなヒロインぢから発揮してたらなあ……。
・処女しかいないパーティーいいよね……いい……。
・暴君探してるうちはハズレばっかり引いて忘れる頃に出てくるとかあるある。(MMOレア探しあるある)
・ビビりながらも狼男じゃないだけマシよ! で吹く。うんあれは説得に応じるなんてタマじゃない弱いけど。
・負傷者からしゃーなしで血吸おうとする暴君にやっぱり選り好みはあるんだなと。ついでに頭に血が上ってるからかもしんないけど立ちくらみするまで吸わないって配分かなり適当だな!
・ここに来てついに邂逅……ついに約束成立……。
・辻褄は合うんだけどその足下に兵士たちがばったばったと倒れているのはなかなか趣に欠けるな。
・次回予告絵ありがとうございます!! ありがとうございます!!!
・シスターちゃんの小指が立ってる……やだ公式で指切りとかそんな! そんな……!(もだもだ)
・これの破壊力が凄すぎて閣下のイワシ講義も聞き流す。しかしセカチューは古いぞ閣下。
・こんなのどこがいいんだろうってフーカすんそれはいみじくも公式ヒロインが吐いていい台詞じゃないと思うよ……。

四話感想
・タイトルの時点でびっくびく。
・姉妹もびっくびくついでにナギちゃんさんにも言っちゃって……まあ二人ともおつむアレだし口も軽いのでこんな未来は見えてた。
・暴君がめっちゃ不機嫌そうに部屋の片隅にいらっしゃる図はなかなかに愉快。
・シスターちゃん診療所には通いだったのね……そしてあっちでネモと会話してたと。そしてこの調子ならあいつは出てこないと。……当然か。
・しかしこの間の開け方……ドラマCDとも整合性持たせおってくっそぁ。
・シスターちゃんが話すたびに奥の暴君が反応する様子にびくんびくんすゆ。
・ふたりっきりですって!? SIT(SUPRE ICHATUKI TIME)の始まりかー!!
・暴君ってばこの時点でいいようにシスターちゃんの手玉に転がされてませんか。
・召喚と契約云々はなかなか興味深いお話。しかし現時点で魔力切れ気味とか暴君はもうちょっと配分考えようよほんと馬鹿だな!
・しかし現実にはつえー暴君ちょうつえー。
・ナギちゃんさんが暴君にデレ始めたわあ。
・シスターちゃん間者容疑ここかあ……。着実に運命の歯車回ってるにゃー。
・暴君もちゃっかりベタな展開で助けおって!
・死亡ばらしはナギちゃんさんのシスターちゃん依存っぷりがいよいよ強まっていくフラグでもあったのか。
・本人にもバラすか。これでもシスターちゃんの肝の据わりっぷりからあ、避けられないのね運命は……って納得しちゃう。
・沐浴!(ガタッ)
・おい暴君ガン見する気か。
・しかしこの態度から今まで人間の女性相手に云々した筋は潰れたなー。翻してそんくらい意識が高いお人がああなるってのも美味しいもんです。
・羨ましいって誰が?
・沐浴中止とかちぇー。
・これで暴君がシスターちゃんの裸見ちゃったり異性として認識しちゃったら物凄い勢いでド壺にハマっていったんだろうなと思うと実に惜しい……。
・ふたりのイチャ会話楽しみになのに割って入るとか許されざるよバカ姉妹。
・暴君が弱くなっていくペース早くないっすか……。こんなんで四百年持つんすか……。
・暴君とシスターちゃんのイチャイチャ王道でいい……。つかやっぱり首筋なんですか某姫みたく体ならどこからでも牙突き立てたりしないんすか。
・イワシパワーを閣下でなく姉妹が過信してる辺り本編とは逆で愉快。
・ナギちゃんさんの過去は王道すぎるくらい王道なので今更感。
・それよりも注目すべき点はナギちゃんさんとシスターちゃんと暴君の並びがおとーさんおかーさんと娘な辺りですかね……。フーデス編のときのデスコ以上に娘じゃないすか……。
・シスターちゃん暴君のことどう思ってるのかおせーてくだち!
・たかが間者一人ごときにここまで戦力割くなや! と思ってたけど暴君と組んでたのがこの場では仇になったのね……。
・ナギちゃんさんがシスターちゃんに完全に依存しちゃった……。姉妹のお友達要員に加えてシスターちゃん妹要員とはこのリハク(略)
・にしてもまた妹かーもしかしてシナリオD2の井上さん?
・診療所近くの教会に前衛組と後衛組との分離で……パズルのピースががつんがつんはまっていくなあ。ヴァニラの某ゲーの「運命に抗うものこそ運命に突き進んでいくのだ」みたいな台詞が思い出される。
・ナギちゃんさんとシスターちゃんが姉妹にはあんまり見えないがまあ構うめえ。意地が悪いけど甘えたなナギちゃんさんを受け入れるシスターちゃんうまうま。
・姉妹が窓から格好つけてるうちに暴君がさりげなく合流してて笑う。
・あれだきっと「おいとっとと行かんか」「いーやまだ余裕があるわ! デスコ、ここから入るわよ!」「はいデスおねえさま! ラスボスはヒロインのピンチにカッコよく登場するデス!」「ヴァルっちもほら! ここでキメとかないとアルティナちゃんに惚れてもらえないわよ!」「……知るか! 俺は扉から入る!」とか裏でやってたに違いない。
・さして小細工してないにも関わらずやったら強くてですねー……。しかも暴君弱くなってるし! 敵の一撃で溶けたし!
・悪魔の屍諸々残ってる時点でそんな予感はした……して……た……。
・感動どうこうより特別ドットおいしい! してました今回は表情多くて特別アクション多くて本当にグラ班の方々ありがとうございます!!
・シスターちゃんお淑やかっ子だからキタエリの演技も抑え気味で感情の篭もり具合なら本編がいいと思えるのつらい。好みの差かしら……。
・たっつんの演技は抜群です……涙目で叫んでるのわかるのいい……。
・ここでアルティナ呼びきちゃった……。うんここだよねわかってる! もっと内面描写入れて欲しかったけど!
・ナギちゃんさんが心配なのはわかるけどそれにしたってドライやのー姉妹。もう地獄には帰りたくないと申すか。
・と思ったけど閣下、きちんとフーカすんにもプリニーの掟強いてるからか成る程。善哉善哉。
・ここでこれが来たってことはまあそういうオチだろうなあとは思ってた。正確にはシスターちゃんと仲良くなり始めた辺りで予感はあった。家族のことがトラウマになってる戦争孤児がデレたシスターちゃんを目の前で亡くして一人で逞しく生きていけるとは思えんし。
・天使ちゃんの演技安定してんなキタエリ! 閣下はわかりやすいからうんまあ。
・ナギちゃんさんがイワシ薦めたことになってんのか。そしてふたりの態度が落ち着きすぎててこれもう夫婦でいいでしょってことなの?
・ED曲はナギちゃんさん曲っぽくありつつも夫婦曲なのは嬉しいんだけど、やっぱり経験浅い人だからかところどころ素人っぽい。
・姉妹が来た時点で予感はあったけどはらたけ画の夫婦ほんにありがとうございます……。けど閣下はもっと手前に寄ってくれても構わんのじゃよー?
・最後の姉妹と夫婦に囲まれてるナギちゃんさんが……これは……義理の娘……。
・ということでタイムリープ編終了! お疲れさまでした!
・新録台詞欠片も出てこなかったフェンフェンとエミちんは泣いていいよ!


<総合感想>
・ところでタイムリープ編イメージイラスト全く出てこなかったんだですけど……あれまじで広報のためだけに描いたの……。なのになんでみもりん推しなの……。超絶ヒロインアルティナちゃんが店舗特典にいないのはどうしてなの……。
・やっぱりシナリオ井上さんでしたね。今回はD2ほどざっくりしてないんで成長は感じられたんですが、相変わらず必要な描写を台詞で説明しきっちゃったり(今回で言うなら夫婦のもじもじ遅滞っぷりを姉妹の会話で済ませる)、最後にどっと話を大きく動かす癖はまだ解消されてないし、追加キャラが孤独で真面目な(今回はヒロインの)妹キャラってD2とほぼ同じようなキャラだしふたりの会話に色気が薄かったしで不満は強いなあ。
・中だるみの水増し感を解消すべくパーティーメンバーそれぞれに対する友好度を上げるイベントを持ってきたのはいいんですけどね。
・しっとりロマンチック路線なら山路さんのが好きなんだ私。あと暴君が暴君編で見せた人間リスペクトっぷりや他にも細々とした可愛さを出さなかったり違和感あるので今まで4ボイス付き追加シナリオは全部山路さんだったのにどうしてここに来てよりにもよってDLCイベントくらいしか担当してない井上さんなのかと。
・つかナギちゃんさんの心理描写メインで暴君がシスターちゃんと出会って以降の心理描写ないのは寂しい。デレそうになるたびにツンツンしてたから内面の揺れ動きはわからなくもないんだけど、私そっちをめっちゃ期待してたんですよ……。
・私の目線の問題かもしれないけど、タイムリープ編はナギちゃんさんや姉妹を積まれた宿題(シスターちゃんの人となり、暴君との出会い、目を離した理由、別れetc…)と一緒にきちんきちんと消化することをまず第一の目的にした感が強かったので、なんて言うかストーリー楽しむってか減点式のテストの採点してるような感覚に陥りました。
・細かい部分も気になります。召喚術式細工して流用したの誰なんだとか、ストーリー中「悪魔」のほかにも「魔族」「魔物」って単語が出てきてなんだか統一感に欠いてるところとか。
・あとシスターちゃん最期のシーンは元の展開のままだとナギちゃんさんガン無視でふたりで話進めてるようになっちゃったのが違和感。
・基本こっちのハードルが高めなことを踏まえて慎重に作ってくれた感はあるので、ぎゃふん落ちで終わったフーデス編よりもストーリーとしての評価は高めになりますが絶賛はできないかなあ……。
・うん、けど改めて思い返せば誰かが株を下げるってことはなかった。姉妹も比較的高めで終わった。物足りないのは今夫婦の夫婦っぷりな描写の少なさくらい?
・つーかそれを一番期待したのに全くと言っていいほどなかったのはほんとに…ほんとに……。フーデス編のがキャッキャウフフしてんじゃねーか!
・どっちかってとナギちゃんさんとシスターちゃんキャッキャウフフ描写が丁寧って感じよね……ラブもあったことはあったけど最低限じゃないですか看板に偽りありじゃないですかやだー!
・まあフーデス編からして「フーカすんは転生できるのか!? →出来ませんでした開き直って三界征服に乗り出しました!」だから「姉妹+眼鏡っ娘はふたりの運命を変えられるのか!? →無理でした!!」もしゃーなしって言えばしゃーなしなんですが。
・それ以前に私タイムリープ編のプロローグから「姉妹(+眼鏡っ娘)は夫婦を夫婦らせることができるのか!?」なお話だったと思ったんですがそうじゃなかったのがね……ね……。
・あとやっぱりフェンフェンとエミちんの出番皆無は悲しかった。最後くらい「ガキとは言えまた女が増えただと……!? しかも閣下にイワシを薦めたなど罪が重いにも程がある!」とか「お前ら(姉妹)の友だち……? どうせまた変なことに巻き込んだんだろ」「しつれーね! むしろアタシらが巻き込まれた側だっての!」「う……ごめん」「えっまじで!?」とかわいがややってほしかった。
・まあ偉そうなこと言いながらシスターちゃん登場したときとか暴君とイチャつき始めたときはアドレナリン放出しまくりでしたがね!!
・予想していたときよりシスターちゃんの生まれや背景はノータッチでしたがシスターちゃんのマジ天使っぷりな描写について満足感は高かったです。
・シリーズキャラらしからぬヒロインっぷりにこりゃ天使に転生するわ……と思いつつあの子、これで実質三人の男女をめろめろにしてることにもなって……診療所でも女神扱いで崇拝しまくられてたんだろうなあと思えばほんに魔性の女過ぎる。本人は使命に精一杯なだけで周囲が自分をどう思ってるか無自覚なのが余計にタチ悪い……。
・そしてそんなピュアっピュアな子を世間擦れは仕方ないとして銭ゲバに染め上げたであろうフロンちゃんまじ罪深い。
・あとタイムリープ編終わってから閣下だけ議題でシスター仲間にしたいってあんたもうちょっと露骨にデレろよ!!
・早速可決させたら天使ちゃんの横にいてどんな皮肉かと。しかも事務所台詞も高潔さに溢れまくっててここまで来たらあれか天使ちゃんSAGEる気かオラァ!! それは許さんぞゴラァ!
・しかし追加できる魔ビがギャグとしか思えない……なんなのこれめっちゃ強い暴君とセットでお出ししてシスターちゃん囮に殺させて暴君覚醒させる厄介なMAP作れってことなの。
・暴君編をやらないと暴君が出てこない……即ち現段階は両手に花……。だだ甘い底なし沼気質の清楚なお嬢さんとほろ苦大人味なのにたまにおぼこいお嫁さん閣下はどっちが好きかな私は両方イケるよ。
・そーいや私、過去のブログでナギちゃんさん娘フラグ立ってね!? つってたのね……ある意味正解だったよそれが今回一番のびっくりだよ……。

関連記事
スポンサーサイト
[↑]
Copyright (c) 掃き溜め All Rights Reserved.

FC2Ad

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。